元証券マンロゴ

資産運用

新入社員必見!持株会はやっておこう!

こんばんは。今日は持株会について紹介していきます。

会社に入社した時に従業員持ち株会の勧誘をよくされませんか?でも、手取り額が減っちゃうし株って怖いなーって思ってやらない方も多いですよね。

今日は私が考える持株会のメリットとデメリットを紹介します!!

持株会のメリットは?

コツコツ積立ができる!

まずはこれです。毎月3万円は貯金しよう!とかされる方も多いですが、持株会であれば強制的に給与から天引きがされます。ついつい使っちゃうってことがなく、将来に向けた積立がコツコツできるわけです!

少額から株を買える!

株って普通であれば100株からとか、多少なりとも資金が必要になりますよね。ディズニーランドのオリエンタルランドだって140万もかかります、しかし、持株会であれば毎月の積立で1000円とかから買うことができるんです!

ドルコスト平均法で儲かりやすい!

ドルコスト平均法とは、価格が変動する金融商品を常に一定の金額で時間を分散して定期的に買い続ける手法です、詳しくは調べていただきたいのですが、これをすることによって下がった時も同じ金額で株を買うことによって多くの株を買うことができ、取得単価を下げることができます。そうすると永遠と下がり続ける株でなければ、かなり利益がとりやすくなります。

出世にかかわる可能性もある!

新入社員であれば、これから仕事を頑張ろうと燃えている方も多いでしょう。いっぱい稼いで出世を目指すなかで持株が重要になる可能性があります。特に管理職よりさらに上の取締役などになると社外の報告書に持株数を記載しなければいけません。株主総会とかで株主に会社の方針を伝えるのに自分が株式を持っていないのは恥ずかしいですよね。持株は会社への忠誠心を見られる可能性があります。普通に係長、課長、部長まではそこまで問題になるケースは聞きませんが、社長になるんだ!!って燃えている人は若い時からやっておくと良いかもしれません。

奨励金がもらえる!

一番大きいのはこの奨励金がもらえることです!会社によって異なりますが、5%から30%の奨励金がもらえる会社が多いようです。例えば10%の場合、毎月1万円持株会に回したら、毎月1000円もらえます。1年で12000円もらえますね。毎月10万円持株会に回したら、12万円もらえます。つまり買った時点で儲かってしまうのが持株会なんです!!30%も出たらすごすぎますよねほんと。。。役職や在籍年数に応じて%が上がっていく会社が多いです。

実際に奨励金は株の買い付けに足されるので現金で給付されるわけではありません。1万円(給与天引き)+1000円(奨励金)=11000円が毎月買われるわけですね。ボーナス月は3倍程度買われるようになっているところが多いです。

 

以上が持株会の大まかなメリットです。持株会をするだけでしていない人と数万円給料が違うわけです。株価が値上げりすれば数百万の比になってきます。

 

持株会のデメリットは?

すぐに現金化することができない!

通常の株であれば売って3日経てば現金が手元に入りますが、持株会の場合は現金化に時間がかかります。証券会社に株式を移管したりと手続きがあるので1カ月から2カ月余裕を持ったほうが良いでしょう。

会社に依存しすぎる可能性あり!

持株会で株を買う以上、株価が上がることを望みますが、業績が良くなければ当然株価が下がる可能性があります。積立投資なので下がることは全く問題ないのですが、業績が下がるということは給与も下がる可能性があるということです。つまりリスク分散ができていない。会社がつぶれた場合、株も給与も大幅なダメージを負ってしまいます。超大企業であればそんな心配はいらないと思いますが、良くも悪くもその勤務先に依存しているということを自覚しましょう。そのために、ほかの会社の株式や投資信託を持つことはリスク分散のため良い方法ですね。

 

持株会に関するよくある勘違い

持株会は入社時以外にも入れます!

入社するときに持株会断っちゃったという方もいらっしゃると思いますが、途中で入ることもできます。会社によって異なりますが年に1回ほど入会できるタイミングがありますので詳しく人事や総務に聞いてみましょう。

株主優待はもらえます!

この記事を書いている際に他ブログにて株主優待がもらえないことがデメリットと書いてあるのを拝見しましたが、優待をもらう方法はあります。それは持株会の口座から証券会社の口座に株を移すことです。移管をする際には原則単元株つまり100株とかまとまっている必要がありますが、証券会社にて保有することで株主優待及び配当金を受け取ることができます。配当金は持株会口座でも勝手に買い付けに回されているだけでもらえてはいるんですが。。。

持株会から証券会社に移管した際に簿価(購入価格)が付きますので管理もしやすいかもしれませんね。

 

まとめ

私は持株会は入っていたほうが得であると思います。理由はやはり奨励金です。調べたら100%の奨励金が出る会社もあるんですね!びっくりしました。1万円買ったら1万円もらえるんです。羨ましい><

ただ、会社があまりにもひどく将来性を感じない場合や、短期的に退職を考えている方はやめたほうが良いと思います。ドルコスト平均法の恩恵を受けにくいからです。積立は長期ですることに意味があるので1年未満とかはやめておいたほうが良いかもしれません。3年から5年とかであればとりあえずやって全然良いと思います。そして持株会をきっかけに株や経済金融リテラシーを学ぶことが重要だと思います。

持株会は会社の福利厚生の一環です。確定拠出年金にも言えることですが、使える制度、優待は使って得しましょう!

そして就職活動や転職活動をしている方も初任給等給料以外の福利厚生、今回であれば持株会について調べておくと良いと思います!

  • この記事を書いた人

nikkeiindex

元証券マンです。 証券会社で働いた経験を活かして資産運用に励んでいます。 楽天ブログより引っ越してきました。 ツイッターもやっています→@nikkeiindex https://twitter.com/nikkeiindex

-資産運用

Copyright© 元証券マンが気ままに資産運用を語ります , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.